【OS X】最も簡単な OS X インストール用 USB メモリ起動ディスク作成方法


公開日: : 最終更新日:2015/10/22 Apple, 便利ネタ ,

ターミナル不要。マウス操作だけで簡単に出来てしまう。作っておいて損はない。Mac が不調のときに喉から手が出るほど欲しくなる OS X インストール用 USB。起動しなくなる前に作っておくべきだったと後悔先に立たず。

スポンサーリンク

 
前に紹介した「【OS X】Mac の駐車禁止マークを分で30簡単に直す方法」で使用する必須アイテムです。
 
El Capitan の人はこちらにどうぞ
【OS X】最も簡単な El Capitan インストール USB 起動ディスク作成方法
 

【OS X】最も簡単に OS X インストール USB を作る方法

 

20分で完成! OS X インストール USB 一番簡単に作る手順

【必要なもの】8GB 以上の USB メモリー
 だいたい 500円程度かな。USBフラッシュドライブ 8GB 以上の商品一覧
 
1. Mac APP Store から 該当の OS X をダウンロードします。
 ※ Yosemite の場合は、ここからダウンロードできます。
01-making-osx-install-usb-easiest-way
 
2. ダウンロードが終わると自動的にインストールの画面が出ますが無視します。
 ※ 5GB を超えるファイルなので数十分は覚悟したほうがいいです。一見何も起こっていないように見えますが、待ちましょう。
02-making-osx-install-usb-easiest-way
 
3. Finder を開いて、アプリケーションの中を見ます。「OS X Yosemite インストール」というのがあるのを確認します。
05-making-osx-install-usb-easiest-way
 
4. 無料の DiskMaker X というアプリをダウンロードしてインストールします。

http://diskmakerx.com/
 

スポンサーリンク

 
5. USB メモリーを差し込んだ状態で、DiskMaker X を起動して、該当の OS X を選択します。
06-making-osx-install-usb-easiest-way
 
6. 無事に「OS X Yosemite インストール」がダウンロードできていれば、インストールファイルの選択画面がでるので「このファイルを使用」を押します。
07-making-osx-install-usb-easiest-way
 
 
7. 使用可能なドライブの名前が出るので、差し込んだ USB メモリーを選択して「このディスクを選択」を押します。
08-making-osx-install-usb-easiest-way
 
8. ディスクの種類を聞かれるので「容量 8GB 以上の USB ディスク」を押します。
09-making-osx-install-usb-easiest-way
 
9. 最終確認の画面が出るので「内容を消去してディスクを作成」を押す。
10-making-osx-install-usb-easiest-way
 
10. 管理者権限が必要と出るので「続行」を押す。
11-making-osx-install-usb-easiest-way
 
11. パスワードを入れると、下のように実行されます。
12-making-osx-install-usb-easiest-way
12. 作業が終了すると、インストール USB の内容が Finder で表示されます。option キーを押しながら Mac を再起動して、USB からの起動を選択し return キーを押す。無事に USB から起動されインストール画面が出れば成功です。
13-making-osx-install-usb-easiest-way
13. Mac の電源を落として、USB を抜き取って、大切に保管しましょう。お疲れ様でした。
 
<関連記事> 【OS X】Mac の駐車禁止マークを分で30簡単に直す方法
 
 
フォローすると更新タイトルをいち早くお届け

follow us in myyahoo RSS follow us in feedly follow us in livedoorreader hatena bookmark

関連記事

【iOS】iPhone で Youtube を倍速再生して時間を節約

隙間時間はスマホで動画を倍速再生して視聴する。30分の動画なら15分で見終わります。もし通勤に1時間

記事を読む

【便利】 Windows 10 から Mac OS X のファイルを自由に操作

Windows10 から Mac 内のファイルに自由にアクセスできるように設定する方法です。自宅とか

記事を読む

日々の生活を便利にするシンプルなライフハック術14選

ゴミや日用品を使ったライフハック術シリーズ第四段です。いろいろなものをちょっと変わった角度から使用す

記事を読む

【英語学習動画】超簡単なニンニクの皮むき方法

指が臭くなったりと、いろいろ大変なニンニクの皮むき。皆さんどうしてますか? 英語の動画ですがみればわ

記事を読む

iOS8 のウィジェットにメモができる無料の「Neato」が便利。

iOS8 のウィジェットにちょっとしたメモが残せて、そのままメールやテキスト、ツイートできたり Dr

記事を読む

【OS X】Mac の駐車禁止マークを30分で簡単に直す方法

Mac を起動したら見慣れたリンゴマークではなく駐車禁止マークで起動しない現象が時々あります。この症

記事を読む

XP より Heartbleed の脅威で業界が大騒ぎ、パスワードリセットページ一覧

Windows XP より OpenSSLの重大な脆弱性 Heartbleed の脅威で業界が大

記事を読む

【Windows10】 自分でショートカットを設定。効率化で差をつけよう。

Windows10 でスタートボタンが復活しましたが、昔は簡単だったショートカットの設定がわかりにく

記事を読む

【iOS・便利】ウェブもPDFもワンタッチ読み上げでインプット効率化

iPhone や iPad のテキスト読み上げ機能がとても便利。日本語/英語を自動的に判別。日々の情

記事を読む

【ライフハック2分動画】ぬるいドリンクを2分で冷たくする方法

これは使える方法です。一般的な家なら誰の家にもあるモノを使って簡単に出来ます。冷蔵庫に入れ忘れていた

記事を読む

Comment

  1. 桜井 より:

    検索からこちらのページにたどり着きました

    質問させてください

    自分のマックでも駐車禁止マークが出て来てしまい起動できず困っています

    USBにダウンロードする方法はマックではなく他のWindowsのパソコンからでも大丈夫なのでしょうか?

    それとも現在使用中の自分のマックではなくてはダメなのでしょうか?

    よろしくお願いいたします

    • KIMELOG より:

      こんにちは、自分の経験からしか語れませんが、まず確認で起動時のキーコンビネーションで NVRAM のリセットやセーフモードでの起動は試しましたか?

      自分の環境を完全に復旧させる意味では、USB起動ディスクを使う方法が最も簡単だと思います。USB起動ディスクは、同じバージョンのUSB起動ディスクであれば他のMACで作ったものでも大丈夫です。起動可能な現OSXのDVDでも復旧可能です。

      Windows上で現OSのUSB起動ディスクを作った経験はありませんが、バーチャルマシンと、Hackin◯シュを使うことで可能だと思いますが、不正行為にあたるのでオススメできません。

      とりあえず、起動時のキーコンビネーションで NVRAM のリセットやセーフモードが可能かどうかで、作業が変わってくると思います。

      起動時のキーコンビネーションについては、アップル社の下記ページを参考にしてください。
      https://support.apple.com/ja-jp/HT201255

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Windows XP のセキュリティー対策まとめ 2016年版

Microsoft Security Essentials のサポート

【Windows10】 任意のアプリにショートカットを設定する最速の方法

Windows10 でスタートボタンが復活しましたが、昔は簡単だったシ

【便利】 Windows 10 から Mac OS X のファイルを自由に操作

Windows10 から Mac 内のファイルに自由にアクセスできるよ

【便利】 Mac OS X から Windows 10 のファイルを自由に操作

Mac から Windows10 内のファイルに自由にアクセスできるよ

【WordPress】IPアドレスをコロコロ変えるコメントスパムに1分で対策

たった1分で IP アドレスを変化させながら連続的に dewapk.c

→もっと見る

  •     きめログについて

         RSSリーダーで購読する
        ● Kimelog TV もやっています

      







PAGE TOP ↑