【海外で話題】インターネットに関する10の事実


公開日: : 最終更新日:2014/11/23 インターネット, 面白ネタ , ,

6088751332_7da4134066_z_miniたぶん、あなたは知らないインターネットに関する10の事実として、海外で話題になっていた事を皆さんとシェアします。これらを見てあなたは何を思いますか?

Photo from: Unplugged – no computer, no internet, possible? / photosteve101

スポンサーリンク

こうした過去の事実から、未来を夢想するのは楽しい。ビジネスチャンスが転がっているかもしれないのです。

インターネットに関する10の事実

 
10-things-you-probably-didnt-know-about-the-internet_mini
Source:
Five Sure Fire Ways to Create A Viral Post

 

1. インターネット全トラフィックの51%はボットによるもので、人の操作によるものは49%しかない。

貴重なネットワークリソースの半分以上が、無益で有害な用途に使用されているかもしれない。51%は古いデータであり、昨年発表されたデータでは61%です。ボットによるトラフィックは増加傾向にあるようなので、いずれ大規模な対策がされることになるだろう。ボット活動源国のトップは、ダントツで中国、2位以下は、米国、ドイツ、イラン、インド、ブラジル・・・です。近未来、中国発の動乱によりネットワークの遮断など対中国に対して、手厳しい対策がとられるかもしれません。米国は中国に対して相当お怒りのようですから。
 

2. アメリカでは2011年においてもAOLでのダイヤルアップ接続ユーザーが20万人もいる。

国土の広い国、人口の密集度が低い国では、今でもダイヤルアップが当たり前でしょう。日本の田舎はとても恵まれています。とんでもない田舎でも光回線が通ってたりしますからね。日本の田舎暮らし、ネットでお仕事。半農生活、いいかもです。
 

3. 検索エンジンにインデックスされていないサイトは、インデックスされているサイトの少なくても500倍は存在する。

深層意識、氷山の一角、見えている物、見えるものは全体のごく一部でしかない。すべてにおいて言える事です。得られる教訓は、すべてを見る必要はない。すべてを見る事は出来ない事を知って謙虚に生きる事ですね。
 
 

4. 国際宇宙ステーション(ISS)でのインターネットスピードは、オーストラリアの平均速度を上回る。

ビデオ通話とかしていますからね。結構快適なネット環境があるのだと思います。ただし、トラフィックはすべて監視対象でしょうから、うかつな使い方は出来ませんね。笑
 

5. 旧ソ連のラトビア共和国のインターネット平均速度は世界4位、アメリカは14位。

どうもデータが古いようで、現在はラトビアが5位、アメリカは8位になっています。日本は2位。平均速度ですから国土が狭く、人口が集中しているほうがランキングをあげやすいですね。日本の田舎のネット環境は、諸外国と比べると、超恵まれています。
 

 

6. サービス開始以来、利用者が5千万人になるまで、インターネットは4年かかりました。テレビは13年、ラジオは18年かかりました。

ラジオ、テレビ、インターネット・・・次は何がくるのでしょう。脳直結型の仮想空間ですかね。アニメの見過ぎでした。近未来を夢想するときは、映画やアニメから貴重なヒントを得られますね。
 
 

7. 最初にウェブサイトが作られたのは1991年で、そのサイトはここで確認できます。http://info.cern.ch

インターネットも最初はテキストだけだったのですね。画像、音声、動画と進んで人が持つ五感のうち視覚、聴覚までは一般化しました。次は、触覚、味覚、嗅覚の一般化になるのでしょうか。技術は既にあるようです。
 

8. インターネットで出会って結婚しているカップルが19%

五組に一組の割合とは、びっくりです。おそらく増加傾向ですね。次のデータが示していますが、何かが爆発的に普及するきっかけは、やはりエロがキーワードになると思います。前のデータで述べた触覚、味覚、嗅覚がインターネットで一般的にカバーされたら・・・うわぁ〜何かすごいことが起きそうです。笑
 

9. インターネットでの検索の三分の一が猥褻(わいせつ)な内容で、少なくても65%の画像データは裸の女性に由来する。

人間の五感のすべてがインターネットを介しての通信対象になると、当然ですがインターネットの世界は、情報の収集、交換から、体験、体感の世界へと大きくシフトする事になるでしょう。3D プリンタはインターネットによる体験、体感の世界の扉になるのではないでしょうか。ネット空間が情報の収集、交換から体験、体感の時代へと変革する準備を最初に整える国や企業はどこでしょう。とても大きなビジネスチャンスに思えます。
 

スポンサーリンク

 

10. 世界で最初のウェブカメラは、1993年のケンブリッジ大学のコンピュータ研究室でコーヒーポットをモニターするために使用されました。

香りを使ったアプリが作れる世界初のスマートフォン用デバイスは日本で開発されました。

 
 
参考:
Five Sure Fire Ways to Create A Viral Post

 
 

フォローすると更新タイトルをいち早くお届け

follow us in myyahoo RSS follow us in feedly follow us in livedoorreader hatena bookmark

関連記事

【動画ネタ】世界一早い自動販売機。確かに早い。

随分古そうな自動販売機ですが、ボタンをしてから商品が出てくるまでのスピードは、最新の自動販売機でもこ

記事を読む

日用品をアートに変える。想像力溢れる作品19選

フランス人アーティスト、ギルバート ルグラン(Gilbert Legrand)氏は、かわいいキャラク

記事を読む

【爆笑!】第三弾・アイデアが光る問題解決方法12選

アイデアが光る問題解決方法シリーズも三回目になりました。身近な愛用品の故障って困りますよね。でも身近

記事を読む

【おそロシア】酔っぱらいが薪のキャッチに失敗→気絶。解決方法は?

固くて大きくて重い薪のキャッチに失敗して顔面に激突。気絶。おそロシア流の解決方法は恐ろロシア。痛みを

記事を読む

【日本にも欲しい】信号の反対側の人と対戦型ピンポンで遊べる交差点が話題

交差点での信号待ちが楽しくなる。そんな信号機がドイツ・ヒルデスハイム市にあります。反対側で待っている

記事を読む

【昔の写真の再現をしてみた】 今と昔の面白い比較写真17枚

人や家族の成長の結果が一目瞭然。昔の写真のマネをしてみた写真17枚です。時間の重みを一緒に感じましょ

記事を読む

スケッチブックに描いた絵が現実世界に溶け込んだアイデア写真10枚

広告の手法に応用できそうな面白いアイデア作品です。スケッチブックの絵と現実世界がうまく融合して、しっ

記事を読む

【真実が見えますか?】二度見してしまうほど奇妙な写真17枚

二度見シリーズ第二弾。これは難易度高い。どういうカラクリになっているかわかりますか? Phot

記事を読む

どう見ても人面魚。世界初の生きた深海アンコウを捉えた動画が話題

この魚の顔を見てもわかるように深海アンコウは非常に稀で、とても奇妙な捉えどころのない生き物です。顔も

記事を読む

【海外で話題】 決定的な瞬間をおさめた写真16選 – 第二弾

偶然か。努力の賜物か。周到に準備されたネタか。経緯は様々ですがタイミングが秀逸な決定的瞬間をおさめた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Windows XP のセキュリティー対策まとめ 2016年版

Microsoft Security Essentials のサポート

【Windows10】 任意のアプリにショートカットを設定する最速の方法

Windows10 でスタートボタンが復活しましたが、昔は簡単だったシ

【便利】 Windows 10 から Mac OS X のファイルを自由に操作

Windows10 から Mac 内のファイルに自由にアクセスできるよ

【便利】 Mac OS X から Windows 10 のファイルを自由に操作

Mac から Windows10 内のファイルに自由にアクセスできるよ

【WordPress】IPアドレスをコロコロ変えるコメントスパムに1分で対策

たった1分で IP アドレスを変化させながら連続的に dewapk.c

→もっと見る

  •     きめログについて

         RSSリーダーで購読する
        ● Kimelog TV もやっています

      







PAGE TOP ↑